#TECCI

2015年12月31日号 Vol.10

#TK PIANO BIOGRAPHY Report #01 高松・東京

2015年12月31日 10:15 by monthly_tecci

2015年12月8日(Tue)
小室哲哉 ピアノコンサート&ディナー JRホテルクレメント高松

guitar:葛城哲哉

この冬の小室さんのソロワークとして企画されたピアノコンサートが初日を迎えた。
クリスマスのシーズンに高松、東京、名古屋、福岡、大阪の全国5か所を回る。基本的には通常のホテルのディナーショーと同様に、ディナーを楽しんだ後にピアノコンサートが催される。
この日、高松の会場には300人ほどが集まっていた。会場前方のステージには小室さんが弾くであろうグランドピアノとピアノの上にシンセが1台。奥にはPCモニターも見える。そして葛城さんのアコースティックギターが用意されていた。はやる気持ちを抑えつつディナーを終え、20時前にいよいよピアノコンサートが始まった。

小室さんのピアノとシンセのストリングスの音で最初の曲「DEPARTURES」が奏でられる。30~40代にとっては記憶に焼きついた冬の名曲だろう。1曲目が終わったところで挨拶と短いMC。続く「My Revolution」では葛城さんのギターが映えてPOPな印象を受ける。普段のライブとは全く違うゆっくりとした時間の流れの中で、3曲目には「CAN YOU CELEBRATE?」を演奏する。

次のMCでは、小室さんが最近高松に来た時の話題と今日は到着後に早速うどんを食べたことなど、絶妙なテンポで葛城さんとのトークが進む。
そして、「SWEET 19 BLUES」や「I’m proud」をちりばめたピアノメドレーがプレイされた。このピアノメドレーに繋げて「天と地と」の前奏が鳴り始め、ごく自然に小室さんが歌い始めたのだ。兼ねてからTwitterなどではこのピアノコンサートで歌うようなことを宣言していた小室さんだが、まさか実現するとは。長く小室さんの生歌を待っていたファンは嬉しかったことだろう。それぞれの記憶にある歌声が今の小室さんに繋がる光景であった。「ディナーショーで歌うっていうのは初めてだね」と少し照れたように話す小室さんが可愛らしい。

このあと葛城さんのギターソロの時間となる。小室さんの手掛けた曲に加えTM NETWORKの楽曲を軽快な話術を交えつつ演奏していた。ギターソロの最後に選曲されたのは「TIME TO COUNT DOWN」で、小室さんがステージに戻り、2人での演奏となった。

このイベントで最もピアノコンサートらしいと思った曲は「CAROL組曲」であった。詞や歌ではなく曲から先に作った曲だそうで、ドラマチックな曲展開がオーケストラでの演奏やミュージカルに合うと思う。

次のタイミングのMCでの話。小室さんは最近では楽器を使わずに曲を作るらしい。しかも寝ている間に考をまとめているようで、朝起きる直前には大筋が出来上がっているのだとか。寝ているようで実は寝ていないのかもしれない。
また、ピアノコンサート当日の12月8日はジョン・レノンの命日だったこともあり「IMAGINE」をさらりと弾いてくれた。

その後のMCでは、小室さんの呼び方がたくさんある話になった。確かに、てっち、てっちゃん、先生、TKなど思い付くだけでもいくつか挙がってくる。そしてピアノコンサートも終盤になって、やっと乾杯をいう小室さん。既にディナータイムは終わっており、グラスが空の人もいたので不思議な乾杯だった。

あともう1曲、クリスマス時期の楽曲で葛城さんも参加した「DREAMS OF CHRISTMAS」でも小室さんの歌声が披露された。オリジナルで小室さんの歌唱パートは一部分だったのだか、今夜は一人でフルコーラスを歌う。ファンには貴重な時間だ。
そして、なかなか聴くことのできないアンプラグドな「Get Wild」では会場のテンションと熱気が一気に上がる。

本編の最後には、「Precious Memories」と「Feel Like dance」の2曲がプレイされた。globeの20周年でもあった今年、大人になった今だからこそ心に滲みる「Present Memories」の歌詞を思い浮かべながら、当時とはまた違った視点で曲を楽しむことができるとは。これも小室哲哉の楽曲の魅力だろう。

2時間近いピアノコンサートを締め括った「LIGHTS OUT」は、小室さんが人生の最期に聴きたいと言った曲だ。街の灯が消えていく光景をイメージしたという。ピアノの音と一緒に夜がゆっくりと更けていくようだった。

♫小室哲哉 ピアノコンサート&ディナー JRホテルクレメント高松 セットリスト
・DEPARTURES
[MC]
・My Revolution
・CAN YOU CELEBRATE?
[MC]
・ピアノメドレー
  SWEET 19 BLUES~I’m proudなどを即興で演奏
・天と地と(小室さん歌唱)
[MC]
・ギターソロ(MCを交えながら)
   月はピアノに誘われて~恋しさと切なさと心強さと~LOOKING AT YOU~TIME TO COUNT DOWNなどを即興演奏
・TIME TO COUNT DOWN(冒頭部分のみ)
[MC]
・CAROL組曲
[MC]
・IMAGINE
[MC]
・DREAMS OF CHRISTMAS(小室さん歌唱)
・Get Wild
[MC]
・Precious Memories
・Feel Like dance
[MC]
・LIGHTS OUT

本日のコーディネート
Shirt,T-Shirt,Stole,Boots…Saint Laurent



---------------------------------------------------------------------------


2015年12月18日(Fri)
小室哲哉 PIANO BIOGRAPHY ヒルトン東京お台場

guitar:葛城哲哉  guest vocal:坂本美雨

クリスマスのちょうど一週間前のPIANO BIOGRAPHYは、ゲストボーカルとして坂本美雨さんが加わった特別バージョンだった。
会場の照明が落とされてステージが浮かび上がる。荘厳な雰囲気の中、小室さんと葛城さんの演奏で「DEPARTURES」が流れ始めた。誰もがこの曲で雪の降り積もる冬の日を思い出すのではないだろうか。

続いては、小室さんと美雨さんがTV番組の「ハモネプ」で共演した際、 2人のチーム「TKハーモナイザー」が最終戦で披露する予定だったベッド・ミドラーの「The Rose」。小室さんが日本語詞を用意したが残念ながら2回戦で敗退してしまったため、番組では披露されることは無かった秘蔵曲だ。小室さんと美雨さんが共演したビルボードライブではプレイされ、音源化を要望する声が多い1曲。

その後、美雨さんが一旦ステージを離れ、ここからピアノ・メドレーで小室さんの数々のヒット曲が演奏される。
そして!なんと!!「天と地と」のメロディーの演奏が始まり、小室さんが歌唱したのだ!高松に続いてこのタイミングで小室さんの歌が聴けるとは感慨深くそして記憶に残る。その後のMCでは、この曲のエピソードとして九州スペースワールドの話など。小室さんは最近当時の映像をYouTubeで見たそうだ。葛城さんと小室さんの絶妙な掛け合いが会場の笑いを誘う。

そしてTM30thのツアーでも記憶に新しいCAROL組曲の演奏後には、パッケージ化された「TM NETWORK 30th FINAL」やライブ時のエピソードなどが語られた。パッケージ化されたものを小室さんも見たそうで、ご本人自ら絶賛。普段は編集段階の最終版を見ることが多いため製品版を見るのは珍しいことのようだ。

このあとクリスマスの曲である「DREAMS OF CHRISTMAS」をプレイするようで、クリスマスツリーや街のイルミネーションの話題でMCが進む。しかしステージやピアノ周りにクリスマスツリーが用意されていていなかったことで、小室さんがふざけて「歌わないぞっ」とすねてみせるなどお茶目な一面を見せる。実際に小室さんはしっかり歌ったのだが(笑)。

再び美雨さんがステージに現れ、アンプラグドバージョンの「Get Wild」をプレイ。先日の東京競馬場でのイベント「ジャパンカップスペシャルLIVE」のバージョンだ。会場からは自然と手拍子が起こる。
そしてこのピアノコンサートの直前に発売された「#globe20th -SPECIAL COVER BEST-」から美雨さん自身がカバーした「PRECIOUS MEMORIES」をしっとりと歌い上げる。お子さんが産まれる2週間ほど前にレコーディングした思い出深い曲とのこと。
美雨さん最後の歌は「My Revolution」。小室さんもハモって会場からは手拍子。とても暖かい雰囲気に包まれた。

最後の曲には、globeの「LIGHTS OUT」。小室さんのピアノだけで全てを表しているような特別な夜の余韻を感じさせてくれる曲。

ピアノコンサート終了後には、小室さんが会場の皆さんを握手でお見送りする。参加した皆さんには良い思い出となったはず。今夜も素敵な音の時間をありがとう。

♫小室哲哉 PIANO BIOGRAPHY ヒルトン東京お台場 セットリスト
・DEPARTURES
[MC]
・I’m proud(美雨さん歌唱)
[MC]
・The Rose(美雨さん歌唱)
[MC]
・CAN YOU CELEBRATE?~DOWN VALLEY~SWEET 19 BLUES~Feel Like dance
・天と地と(小室さん歌唱)
[MC]
・葛Gギターソロ
 恋しさと切なさと心強さと~月はピアノに誘われて~TIME TO COUNT DOWNなどを即興で
・TIME TO COUNT DOWN
・CAROL組曲
[MC]
・DREAMS OF CHRISTMAS(小室さん歌唱)
・Get Wild(美雨さん歌唱)
・PRECIOUS MEMORIES(美雨さん歌唱:#globe20th -SPECIAL COVER BEST-より)
・My Revolution(美雨さん歌唱)
・LIGHTS OUT

本日のコーディネート
Jacket,Shirt,T-Shirt…Saint Laurent





※本サイトに掲載した写真、イラスト、記事の無断転載を禁じます。
CopyrightⒸ2015 MONTHLY MAGAZINE TECCI All Right Reserved.

関連記事

特集#01 TK Wardrobe in the Hospital 1/2

2016年6月2日号 vol.13

特集#01 TK Wardrobe in the Hospital 2/2

2016年6月2日号 vol.13

特集#02 INNOVATION WORLD FESTA 2016 at 筑波大学 Live Report

2016年6月2日号 vol.13

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)